CoreAVCを使うべくcodec8.3をインストールしてみるの巻。64Bit環境編

Windows7の64Bit環境にて、
いろいろ足りないコーデックが出てくるわけで
あとスペックの有効活用的な問題もある。
前置きはほどほどに
早速インストール。32ビット環境だと相変わらず問題なく終わる。
64ビット環境だと、一見問題ないようにサクサク進むが
スタートメニューから設定画面を開こうとすると堕ちる。
ちなみにCoreAVCのリンクはとっとと直してしまったので
参考用にXviDの設定方法を記載しときます。(やり方は同じなんで)
以下スクリーンショットを記載
d0062567_1922778.jpg


d0062567_19223073.jpg


見つからないってことはショートカットが間違ってるわけで
([スタートメニュー]→[すべてのプログラム]→[Codec]で、
リンクを選んで"右クリック"→[プロパティ]を選択)
d0062567_19231568.jpg


>"C:\Windows\System32\rundll32.exe C:\Windows\system32\xvid.ax,Configure"
これの
・rundll32.exe
・xvid.ax
のある場所を指定しなおしてあげればいい

CoreAVCだと以下の二個
・rundll32.exe
・coreavcdecoder.ax


いつものごとく
>"C:\Windows\SysWOW64"
の中から上記のファイルを検索。
ちゃんとあるのを確認してからプロパティの[リンク先]を修正
"System32"→"SysWoW64"に変更

[適用]ボタンを押下、管理者権限が必要って警告出るが続けます。
[OK]押してプロパティ閉じたら再びスタートメニューからコンフィグ画面を起動。
無事起動するはずです。

尤も、AviUtil等では直接DLLいくとかで必要かどうかはわかりませんが載せときます。
[PR]

  by innocenceflower | 2009-06-02 19:35 | 備忘録

<< 発掘した玄人のLanをVist... なかなか出ないとおもってたら、... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE