OpenMediaVault0.5.0.24でSSHログインするまで

OpenMediaVault(debian系)ログイン
Web管理画面でまずは設定
1.デフォルト設定からカスタマイズ→ログインパスワード・LANのIP固定
2.システムアップデート、プラグイン更新
3.WakeOnLAN
4.SAMBA
5.SSHの起動

rootでログイン(サーバー側にて)
1.アップデートと必要パッケージインストール
# apt-get update && apt-get upgrade
# apt-get install aptitude vim tmux

ユーザの追加
・SAMBAなどで使うログイン用ユーザーと端末操作用の管理者用ユーザーを作る
(RHELと違ってWheelじゃないんですね~ちょっと迷った
# useradd -m konayuki ←ユーザー名はお好みで
# passwd konayuki
new pass:
new pass;
# usermod -G -a adm konayuki
# usermod -G -a ssh konayuki←コレ必須(-a付け忘れるとグループ情報上書きされちゃうので注意)
# vi /etc/pam.d/su

# (Replaces the `SU_WHEEL_ONLY' option from login.defs)
# auth required pam_wheel.so
auth required pam_wheel.so group=adm


# useradd sambauser
# passwd sambauser
new pass:
new pass:
# pdbedit sambauser
new pass:
new pass:

sshのログイン
# aptitude show ssh
"State: not install"
あれ~?

# ps aux |grep ssh
"rootXXXX 0.0 0.1 中略 /usr/sbin/sshd"
# ssh -v
OpenSSH_5.5p1 Debian-6(以下略)
有るにはあるので進めます

設定
# mkdir /home/konayuki/.ssh←先ほどsshグループに登録したユーザ分

RSAキーをTeraTermで作成し放り込む

# vim /etc/ssh/sshd_config
Port 22
Protocol 2
AuthorizedKeysFile %h/.ssh/authorized_keys
#HostKey /etc/ssh/ssh_host_key←コメント化
#HostKey /etc/ssh/ssh_host_rsa_key
#HostKey /etc/ssh/ssh_host_dsa_key
PermitRootLogin no
RSAAuthentication yes
PubkeyAuthentication yes
PasswordAuthentication no

サービスの再起動
# /etc/init.d/ssh restart

ここまですればターミナルエミュが動くはず
RHEL系CentOSとは全然違うのは分かってたけどUbuntuServerでやってたこともいまいち通じないとは・・・
[PR]

  by innocenceflower | 2014-05-04 09:58 | 備忘録

UbuntuServer13.... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE